水フィルター掃除機でアレルギー・喘息の方も安心|水掃除機ONLINE

アレルギー、ハウスダストについてのボルテックコラム

吸引力がすべてではない

掃除機は吸込仕事率が高ければ高いほど良いと思われていますが、多分この考え方は日本だけではないでしょうか? 電機メーカーも仕事率のアップが宣伝の中心です。ところで最近大ブームになったあの循環型掃除機の仕事率を知っていますか? 知ったら驚きますよ!!

吸引力が強いだけでは蒲団・カーペット・畳の中のホコリは取れません。吸い付いてしまうからです(モーター焼けの原因ともなります)。また吸う量と同じ量の空気が排気口から排出されるので当然、ミクロン単位のホコリは出やすく且つ掃除機周辺の軽いホコリは部屋中に撒き散らされるでしょう。蒲団などのお掃除にはターボブラシを使うとホコリを叩きだしてくれるのでより効率的と思います。

私が喘息やアレルギー傾向を持つ人に推薦したい掃除機は吸引力と同時に吸い込む空気の効率的な流れであり、人体に害を及ぼすダニの死骸やフンを排気しないことを最優先に考える掃除機です。ダニの死骸やフンを確実に捕集する点において水フイルターより優れたシステムはありません。「水には目がない」のでダニの死骸やフンは逃れることはできません。ただ水フイルターにも弱点があります。シッカロールや灰・油性分等の水に溶けづらい物質(一般家庭には殆んどありませんが!!)は比較的捕集効率が低いことです。その弱点の克服のためペットドクターはHEPAフイルターを付けて6層フイルターにしました。喘息やアレルギー気味の人には大いに効果があるでしょう。

今評判の循環型掃除機の原型は20年以上前に日本で発売され、Gフォースと呼ばれていました。イギリス製で本体の色がピンクだったので「ピンクパンサー」とも言われていました。その後5~6年たつと殆んど聞かれなくなりました。そして今循環型掃除機のブーム。コマーシャルの絶大の効果にビックリしています。他社製の欠点は言いたくありません。然し、循環型掃除機は確かに排気口からホコリは出ませんが、フロアーブラシの両端や空気の漏れる全ての箇所から当然の如く汚れた空気が出てきます(フイルターでろ過されていないホコリが!!)。また色々な箇所から空気が漏れているので、当然、空気の漏れる掃除機周辺のホコリは軽ければ軽いほど部屋中に撒き散らされます。どんな掃除機でも吸い込んだ空気の排出量はゼロには出来ないのです。当たり前のことですが・・・・

最後に「湿ったホコリは飛散しません」のでご家族の健康のためにも、軽量化されたHEPAフイルター付6層水フイルター掃除機「ペットドクター」をお薦め致します。

ご家庭の衛生環境を、このコラムをきっかけに考えていただけると大変嬉しく思います。

株式会社ボルテックジャパン
〒108-0073
東京都港区三田5-7-8-521
Tel:03-3798-2091
Fax:03-3798-2024
Eメール:vj-vimu7@max.odn.ne.jp
営業時間 9時~18時
ご注文は翌日出荷になります。

 ボルッテクコラム一覧

現在地:トップページボルッテクコラム

ボルテック・ジャパンをお気に入りに追加する